RETROCOLOR X

ホーム   はじめに   マシーン   レトロ関連   ホーロー看板   ブログ   リンク   メール

レビュー

関連



■元祖カメラ付きケータイをレビュー

いまではもう当たり前になったカメラ付き携帯電話。カメラ付き携帯が従来のカメラなしの携帯のシェアを大きく上回るようになりました。でも開発したのはどこだろうか知らない人も多いはず。実はシャープがJ-PHONE(現ボーダフォン→ソフトバンク)向けにJ-SH04を発売したのがきっかけであります。おもちゃのカメラの画質から現在はSoftBank 910SHやW53CAの登場によりデジカメに迫る画質になってきています。そんなカメラ付きケータイ1号機をレビューして見ます。(ちなみにJ-SH04は現在は通話できません)


外観 2000年に誕生した業界初のカメラ付き携帯J-SH04だ。現在は多分あまり見かけられないだろうと思われるストレート型の携帯です。J-SKY対応の機種です。アンテナが突出した携帯って最近見かけませんよね・・・。
ディスプレイ この写真を撮影しているカメラ画質が
これがファンクッションメニューとなります。今のPDC端末のメニューとは異なります。カメラのせいで映りが悪くなってゴメン(汗
F(ファンクッション)→メールボタンを押すとカメラが起動します。
カメラ レンズ部。クソカメラのせいで接写がうまくいきません(前のカメラはうまくいったのに・・・
ちなみに画素数を言いますが11万画素・CMOS、これはおもちゃのカメラ並みのしょぼい画質(いらない!?)です。当時はカメラなしのJ-SH03とJ-SH04は10000円もの差がありました。今では考えられませんね。
なお、カメラの撮影素子は11万画素CMOSです。
比較 ついでJ-SH04とこの流れを受け継いでいる当時のフルスペックケータイ・J-SH07との比較です。かなり進化していることが分かりますね。ちなみにJ-SH07はTFT液晶を採用しています。
J-SH07 これがあのJ-SH07です。ちなみに後継機種J-SH08を持っています。こちらのほうはサブディスプレイが付いて液晶の性能も上がっています。
J-SH04の流れを受け継いでいますが、矢印のLEDがありません。これもコストダウンでしょうか!?
ほかにもJAVAアプリも搭載されているいわば「J-フォン史上最強の携帯」であります。

携帯カメラの変貌

その後、どんどんカメラは進化してデジカメと比較しても遜色のない機種が出回るようになりました。ここでは管理人の知っている範囲でカメラの進化の変貌を書きたいと思います。

★J-SH53
100万画素CCD・初めてメガピクセルになった機種で、全部いりということで話題になったようです。
SO505i
130万画素CCD・回転スタイルを採用し、デジカメ感覚で撮影できる初のケータイ
V601SH
200万画素CCD・初めてAFが搭載された機種
A5406CA/W31CA
320万画素CCD・3メガピクセル代に進出
V602SH
202万画素CCD・世界初光学ズーム搭載
910SH
500万画素CCD・500万画素へ進出、光学ズームは3倍へ・・・
W53CA
515万画素CMOS・見た目も画質もEXILMクオリティ

<<前のページに戻る


inserted by FC2 system